むしたろうの虫とりブログ

2018年6月25日スタート。初夏です。虫とりの季節となりました。捕まえた虫をアップしていこうと思っています。虫以外にもゲットした生き物を紹介します。

2018年6月25日スタート。初夏です。虫とりの季節となりました。捕まえた虫をアップしていこうと思っています。虫以外にもゲットした生き物を紹介します。

今日の日中は暖かく過ごしやすい日です。

山へ散策へ。長袖で歩いていると汗ばむ陽気。

先日、ノコギリクワガタが出てきたというネットのニュースをみて、
こちらでもいるかなと・・・。

まぁ、いませんね・・・・・。

樹液が出ている木はありますが、さっぱりです。

いるのは、オオスズメバチくらいです。

こちらでは、まだいます。

この木には2匹いましたが、近づくと察知して飛んで逃げてしまいます。

そのうち一匹を捕まえました。

そんなに大きくはないので、働きバチかと。

DSC_2410

DSC_2414

もうそろそろ、オオスズメバチもいなくなるでしょう。。。

夜は冷え込んできましたから・・・。



昨日は雨、今日は曇り時々晴れですが、日中は半袖でも大丈夫な陽気でした。

田んぼはすっかり秋めいています。
DSC_2358

山に入ると、ツクツクホウシが鳴いていました。一匹、二匹ぐらいではありますが・・・





秋に入ってから樹液が出だす木があります。

それらをみて廻ると、もうこの季節さすがにカブトムシはいません。
ノコギリクワガタはいるかな・・・と期待しましたが、こちらももういません。

幅を利かせているのは、オオスズメバチです。
DSC_2336

山を歩いていると久しぶりにヤマカガシを捕まえました。
DSC_2350

もうそろそろ今年の虫とりはお終いでしょうか・・・。

風は涼しいですが、やや暑い日でした。

山に入ってまだいるか見てきました。

いました。ノコギリクワガタのオスです。
DSC_2241

別な木では、堂々と少ない樹液を吸っていました。
DSC_2245

そろそろクワガタの季節もお終いです。


昼に山に入って樹液が出ている木を見てきました。

オオスズメバチとチャイロスズメバチがミツを吸っている脇で
ノゴキリグガタがいました。

またカブトムシもいました。この時期にいるとは珍しいです。
DSC_2209

DSC_2212

DSC_2210


昨晩は虫とりへ

ほとんど捕れませんが・・・。ポツリポツリとまだいます。

カブトムシ オス1匹 メス5匹
ノゴキリクワガタ オス1匹

DSC_2138

昨晩は虫とりへ

もう夏も終わり。カブトムシは激減しています。

1本の木に1匹いるかいなか・・・。

カブトムシ オス3匹 メス3匹
ノコギリクワガタ オス1匹 メス1匹

DSC_2115

DSC_2116

今年の虫とりはそろそろおしまいですね・・・。


昨年に引き続き、今年もオオスズメバチの女王蜂をゲットして手乗り。

DSC_2072

DSC_2082



針は抜いています。

週末は近所の緑地帯を歩き回っていました。

新しい樹液が出ている木を見つけて、昼でしたがカブトムシがミツを吸っていました。
DSC_2061

別なエリアは、クヌギ林で下草を刈ってあり、木を蹴るとノコギリクワガタが落ちてきました。
DSC_2067

昼間でも数は少ないですが、カブトムシ、ノコギリクワガタを見つける事が出来ます。

ちなみに、夜の虫とりでは、カブトムシのオスが減り、メスが多く捕れるようになりました。

こうなると、もうカブトムシの季節は終盤です。


今日は昼に山歩き。

樹液が出ている木を見て回りました。

昼間でもカブトムシはいます。
まわりの環境が薄暗いとか、日が差さないといった木には昼間でもミツを吸っています。

DSC_2015

先週から虫とりへ行っていますが、昨晩はそこそこゲット。

カブトムシ オス25匹 メス24匹
ノコギリクワガタ オス2匹 メス3匹

DSC_1910

昨年までエサを仕掛けたエリアは数匹しか捕れず。

その反面、一本で15匹程度ミツに群がっている木もあります。

昨晩も虫とりへ・・・

一昨年から樹液が出始めた木を見てきました。

年々、樹液の出方は少なくなってきていますが、いました、いました。

カブトムシが多数・・・。

この木だけで10匹捕れました。

そんなにミツは出ていないのに、カブトムシを惹きつける何かがあるのでしょうか・・・

DSC_1840

カブトムシ オス7、メス4 ノコギリクワガタ オス2、メス2

一昨日と昨晩は、ホタルを見に行くついでに軽く虫とりへ・・・・

夜は上着を着ていかないと寒いです。

地域によっても違うと思いますが、こちらでは出遅れたゲンジボタルと出始めたヘイケボタルが同時に見られます。

数は激少ないですが・・・。汗

今年は新たに見つけたヤナギの木がターゲットです。

木を蹴るとノコギリクワガタが落ちてきます。
小ぶりなものが多いですが。

7/8 カブトムシ オス0、メス1 ノコギリクワガタ オス4、メス1
DSC_1833

7/9 カブトムシ オス3、メス2 ノコギリクワガタ オス6、メス1
DSC_1838

この時期は、ノコギリクワガタがそこそこ捕れます。

カブトムシがまだミツ場を占拠していないからでしょう。

昨年と比較して今年は少ないです。

昨年は、今の時期ほとんど雨が降りませんでしたが今年はしっかり梅雨ですから。

昨晩は今年初めての本格的虫とりへ

いくつか木を見てまわってきました。

カブトムシ オス2匹 メス2匹
ノコギリクワガタ オス3匹 メス1匹

DSC_1809

DSC_1811

今年は昨年の台風でミツが出る木が折れてしまったので、
虫とりポイントが減ってしまいました・・・。

昼に樹液が出ている木を見てきました。

オオスズメバチの女王を捕まえようと見に行ったのですが、いませんでした。

そろそろ巣作りに入ったかな・・・

で、その木を蹴ってみると小さいノコギリクワガタが落ちてきました。

今年の初物です。

DSC_1770

昨日は、田んぼの脇でアオダイショウを捕まえました。

今まで捕まえたマムシ、ヤマカガシ、ジムグリ、シマヘビはそんなに長くは感じませんが、アオダイショウは別格です。

今回は150センチを超えていました。

色艶もよく、元気でした。

DSC_1672

DSC_1680

DSC_1686

今週末辺りから、ホタルが出始めそうです。

今年もオオスズメバチの女王が樹液を吸いに来る季節となりました。

巣作りに入ると出てこないですから、捕まえるなら今の季節がチャンスです。

昨日、いつも樹液が早くから出でスズメバチがやってくる木を見に行くと、
いました。1匹だけですが・・・。

オオスズメバチの女王です。
DSC_1643

捕まえよと思って近づいたら、察知され逃げてしまいました。

今のオオスズメバチ女王は向かってきません。

こちらの動きを察知すると、すぐ逃げてしまいます。

そして、今日再び見に行くといました、いました。

慎重に・・・・ゲット!
DSC_1650

また、時間をおいて手乗り文鳥ならぬ手乗りスズメバチにしようかと・・・。




田んぼの脇にある水たまりでアカハライモリを捕まえました。

以前は別な場所で捕まえた事がありましたが、12年ぶりくらいでしょうか・・・。

いずれも山から流れ出る湧き水が流れ込むところにいました。

お腹がむっちりしていましたので、メスでしょうか・・・。
子供がいそうな感じでした。

DSC_1612

DSC_1613

この季節とは・・・

ヒキガエルが山から池に降りてきて、集団交尾する時期です。

今日、春分の日。暖かい一日です。

早速、池に行ってきました。

ありました。カエルの卵。

そして、ヒキガエル。

今年も集団交尾は見られませんでしたが、至る所に卵が産み終えてありました。

DSC_1539

DSC_1528

DSC_1537



よく晴れてお天気。

昨日とは違う山へ。

夏に樹液が出ていた木には、コクワガタにカビが生えていました。
DSC_1408

先々週までミツバチの巣だったところは・・・
木の下にはミツバチの死骸が散乱していました。
DSC_1409

木のウロを見てみると、スズメバチが占領していました。

この季節、巣作りをするはずはないので、ミツバチの巣を攻撃し、乗っ取ってしまったのでしょう。
元の巣が先日の台風で壊れてしまったのでしょうか・・・

手乗りのスズメバチにするために、11匹捕まえました。

それでも、まだ巣へ帰ってきているハチもいて、数十匹はいそうです。

捕まえている途中、指を指されてしまいました・・・。
すぐにポイズンリムーバーで毒抜きをしましたがどうでしょう・・・・
DSC_1414

見た目は、少し腫れてはいますが・・・。
激痛はなく、チクチク痛いといったところです。
明日、腫れていたら病院に行って来ようかと。。。。

捕まえた11匹の中に1匹、オバチがいました。
ラッキーです。毒針はないのでこのように手で持てます。
DSC_1420

他の10匹は全てメスでしたので、毒針を抜いて処置しました。
DSC_1423

針を抜いても、死んでしまう事が多いので何匹成功しているか・・・・

今日は晴れて天気が良かったので山へ・・・

田んぼに行けば、カマキリなどが見られますが、本日はクワガタ探しです。

気づかなかったのですが、先日の台風で折れてしまった樹液が出ている木をもう一本みつけました。

DSC_1401

山に入ってまだ樹液が細々と出ている木についている札の裏を見てみると・・・

いました。コクワガタです。
DSC_1404

さすがにもうノコギリクワガタはいないようです。

あと、セミはもう鳴いていませんでした。



↑このページのトップヘ